駆け引き7

 家康は伊賀峠を越えるとやはり千ほどの兵が迎えに来た。家康は光秀が信長の家臣団をまとめられないと読んでいたのだ。だから1歩譲るとしても慎重策を選んだ。
「やはり消極的に光秀と組んでいたのだな」
 戻ってきた鼠を迎えて柳生に入った。すぐに狐が合図を送ってきた。見た限り下忍の気配はない。
「失敗だったようね?」
「伊賀峠に百ほど柳生が出たけど夜遅く戻ってきた」
「光秀は?」
「もう起き上がっている。傷口も塞がったようよ。昨夜は朝まで宗矩と話し込んでいた。そして未明には宗矩は10人ほどの柳生の侍を連れて出発した。恐らく家康を追いかけたのだろう。その中に男装した胡蝶がいたわ」
 何か打ち合わせをしたのだ。
「光秀はくノ一に守られて湯治場に出かけた。場所は調べている。山に1刻入ったところにある。くノ一が3人」
 狐は簡単に地図を描いた。
「光秀の見張りは鼠に代われ。狐は一度洞窟の奥の隠れ家に向かってくれ。すでに年寄りに秀吉からの金は運ばせている。あそこにまず母屋を立てる。もはや服部が襲ってくることもないと思われるが、至急に今回溢れた下忍と子供を集めてくれ」
 伊賀も服部を覗いてどこもまとまりがない。
「柳生と服部と戦える軍団を作る」
「狗はどうするの?」
「清州に行く」
 秀吉の元には長老を頭に蝙蝠を入れて下忍が5人、くノ一が3人、年寄りが2人いる。今までの順慶との付き合いのようなわけにはいかない。軍師の黒田は一癖も二癖もある。秀吉は人使いががうまいがどこまで信じれるか分からない。だが天下を狙えるのは家康と秀吉だろうと思う。










スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.03.29 | | Comments(0) | ファンタジー

駆け引き6

 筒井の城は戦闘体制に入っていた。秀吉に味方すると言っても光秀が死んで戦う相手が見えない状態だ。かと言ってこの隙に大和に攻め込むのはさすがに秀吉の反感を買う。順慶は鎧姿で居間をうろうろしている。
「狗ですよろしいか?」
「おお、狗か?手柄をあげて秀吉直属になったらしいな」
 すでに知らせがあったようだ。
「面白い話があるのですが乗りますか?」
 家康が伊賀峠を越えて堺から逃げているのは順慶は知らない。取り敢えず簡単に今回の天王山の戦いの話をする。
「幾らいる?」
「服部が百と家康の家臣が百だけです」
「なら全軍を出して撃ち取ろう」
「それは不味いですよ。まだ表立って家康は秀吉殿の敵ではないのです。だが秀吉殿は家康を一番恐れています」
「どうすれば?」
「黒装束で5百ほど出してもらえませんか?」
「儂が行く」
「順慶殿は出てはだめです」
 と言うことで鉄砲隊を黒装束で伊賀峠に向かわせた。ここは筒井の領地ではない。ここでは服部以外の忍者軍団とみなされる。鉄砲隊を崖の上に配置すると合図を決めて狗は沢を下りていく。峠の登り口に服部の先方隊が見える。しばらくして馬に乗った家康が見えた。狗はやはり沢を登ってきた鼠を認めて木に登った。
「どれほどいる?」
「伊賀からさらに百が加わりました」
 家康はこういうことを想定していたのだ。ここを越えると徳川の兵を回しているかもしれない。最後のチャンスかもしれない。狗は合図の狼煙を上げた。同時に5百艇の鉄砲が火を噴いた。彼らにはすぐに引き上げるように伝えている。しばらく様子を見て鼠と沢から山道に上がる。山道には倒れた下忍を30人ほど残して姿を消している。
「逃げられましたね?」
「家康にも運がある」









テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

2017.03.28 | | Comments(0) | ファンタジー

駆け引き5

 堺に入るともうすでに家康はいなかった。繋ぎの年寄りから地図を渡された。これは予想される逃げ道だ。
「これは狐の意見ですが宗矩は光秀とどうも柳生に入るようです。それで鼠は家康と服部を、狐は柳生に向かうと」
 二手に分かれては狗の手勢は持たない。取りあえず狗は走った。走りながらやはり光秀を追うべきかと柳生に入った。入った途端人の気配を感じて草むらに潜んだ。柳生の下忍が柳生に続く道に潜んでいる。やはり光秀は柳生に入ったと確信した。夜になるまで狗は潜んだ。夜になると気配は減った。
 藪に中を山側から道場が見えるところに出る。道場の屋根から光るものが見える。狐だ。動くなと言う合図だ。しばらくすると狐が横に並んだ。
「朝に宗矩が柳生を率いて光秀を道場に運び込んだ。相当な重傷らしく担架で運び込まれた。胡蝶が一緒に入った」
「やはり槍に刺されたのだな?」
「それが胡蝶に果心が憑りついて治療を始めた。あれは果心が光秀の体を治療していると思う。揚羽の切り落とされた腕を繋いだのと似ている」
「果心は死なないのか?宗矩はどうしている?」
「それも不思議なの。宗矩は治療を済ませた胡蝶と話し込んでいるわ」
「鼠は?」
「ただ家康が戻るのを確認するだけにと言っている」
「狐はしばらく国に張り付いてくれ」
「どうするの言うは?」
「順慶に会いに行く」
 狗は秀吉と順慶に手柄を立てようと思った。それと皆殺しを仕掛けてきた服部に対する復讐だ。
「無理をしないでよ」
「ああ、家康に運があるかどうか試してみる」







テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.03.27 | | Comments(0) | ファンタジー

«  | HOME |  »

プロフィール

hamham868611

Author:hamham868611
『けもの』を書き始めて長い中断が訪れました。半年ほど書けなくなって遂には『夢の橋』を書き始めてそれを書き上げてやっとここに戻ってきました。

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR