秀吉の死10

 家康が率いる東軍が反転をした。家康の仕組んだ芝居が功を奏したようだ。すでに天海の姿もなく鼠も消えた。だが家康の紅軍はゆっくりしたものだ。時を測っているのだ。狗は高虎の軍から離れて山に中に入る。合図の笛の声が聞こえた。これはぬんじゃ出ないと聞こえないのだ。
 藪の中から顔を出したのは蝙蝠が使っている下忍だ。
「三成は関が原に向かっています」
 ともにここを戦いの場として決めていたようだ。蝙蝠から渡された地図の控えを渡す。
「元々三成が陣地を決めたようですが、最終的には各武将がめいめいに決めたと言うことです」
 同数らしいが西軍はまとまりがないようだ。
「西軍はそれぞれが個別で戦う形になっていますし、どうも調べたところ戦闘意欲のない武将も多いのです」
 蝙蝠が手のものを潜ませて調べたようだ。それに比べて東軍は家康の軍だ。どこか昔同じ風景を見たと狗は思った。あれは天王山の戦いだった。あの時の光秀が三成なのだ。今の天海は光秀だが中身は果心居士なのだ。
「とくに毛利軍を見張るのだ」
 狗は伝えると軍を追いかける。追い付くと高虎の馬の傍に寄る。
「この地図を家康殿にお持ちください。西軍の配置図です」
「まさか?」
「すでに家康殿は東軍の配置を天海殿の密偵が調べて決めているのです。とくに毛利の動きが鍵となります。それに積極的に打って出ない西軍には手を出さず三成軍を攻められることをお勧めします。でもこの陣形では大谷殿が要注意です」
 どうも厳しいところに当てられているようだ。高虎は馬を走らせてその地図を家康の届けに行く。その後ろに狗は側近として付く。地図を先に受け取った家康はすぐに招いた。
「いい部下を持っているな?」
と家康は機嫌がいい。
「戦いに間に合うように秀忠の軍を出発させた」
 と言うことは倍以上東軍が有利になるわけだ。三成は上杉が追いかけても戦ってくれると思っていたのか。どうも頭の中で戦いが先行しているようだ。
 だが家康も三成に勝っても秀頼を担ぐ大坂城が残っている。まだ戦いは始まったばかりだ。次の次を考えるのが家康であり天海なのだ。狗はどこまで高虎と共にするのかも考えなければならない。






スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.05.23 | | Comments(0) | ファンタジー

秀吉の死9

 高虎は行軍の中で走り回っていた。この軍も元々秀吉の軍なのだ。だがら秀頼を頭と仰いでいる。だが家康には秀頼は担ぐべき大将ではないのだ。だがこの武将達はそうもいかない。高虎は唯一考え方が違うのだ。三成が伏見を攻撃し兵をあげたと報告があり武将間で不安が募っている。だが家康は動かない。
 狗は家康の陣にもう半日潜っている。やはり頭巾を被った天海が入ってきた。家康の側には宗矩が控えている。天海の後ろには京之助がいる。狗の傍に鼠が近づいてくる。やはりずっと追いかけていたのだ。
「遂にはめられた、いやはめさせたと言うべきかの。だがここでここの武闘派を纏められるかが勝負ですのう?」
「その通りだ」
「だがここで秀忠の軍を出す分けにはいかんな?」
 高虎から聞いていたがやはり挟み撃ちを警戒して秀忠の軍を江戸に残してきている。彼の話ではどこかで合流するとのことだった。だがここではないと天海が言っている。
「会津は討って出てくることはない。あくまでも守りの態を取るだろうな。反転しても追っては来ないですぞ」
「やはりここは一芝居打つしかないか」
 高虎がこの一芝居で動いていたようだ。人質を取られた武将を奮い立たせるのか。
「次は関が原ですぞ。すでに陣形は調べてこの地図に記した。小早川は?」
「すでに手を打っております。ちょうど頃合いになったかと?」
 後ろから宗矩が答える。家康は立ち上がると武将の会合に向かう。恐らく段取りが整ったと言うことだろう。狗も陣幕から離れて武将達の集まりに移動する。
「どうも関ヶ原の毛利の陣形が決まっているようです」
 鼠が口を動かす。
「どうしてわかるのだ?」
「天海の地図に西軍の位置まで記されていたのです。わざと地図を広げていたのは京之助殿です」















テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.05.22 | | Comments(0) | ファンタジー

秀吉の死8

 最後の砦の前田候が病死した。家康は秀頼に上杉征伐を進言した。高虎も出陣の準備で慌ただしい。狗も高虎に付いて出陣する。
「天海が動きました」
 いつの間にか鼠が戻って来ている。恐らく夜を通して走ってきたのだろう。
「どこにいる?」
「関が原に入りました。修験者が2千ほど集まっています。天海が呼び寄せたものと思われます」
「何をしている?」
「地形を調べています」
「どうもここが最後の戦場になるようだな?」
 宗矩は盛んに小早川に接近している。前田亡きあとは毛利の動向が雌雄を決する。現在のところ三成は毛利を担ぎ出しているがどうだろうか。三成に組する武将は大谷を除いて戦いになると当てにならない。
「関が原には5人ほど残してきました。地形の要所は書き留めてきています」
 鼠は絵の得意な年寄りを連れて行ったのだ。
「鼠は小早川のところに潜るのだ。とくに柳生とのやり取りに注意するのだ。すでに入れているくノ一は揚羽らしい腰元がいると言うことだ」
 鼠が出て行った後、蝙蝠が入ってきた。
「三成が各方面に書面を送っています。やはり上杉と挟み撃ちを考えているようです。まずは伏見城を攻めるようです。何か手を打ちますか?」
「家康は読み込み済みだろう。三成に組する武将を絞り込むのだ。それとの動きを調べてくれ?」
 昔から官兵衛は家康と組んでいるが、互いに目的が違うように思えるのだ。狗はこの関ヶ原の戦いを予想している。これは天海と官兵衛の知恵比べでもある。
「蝙蝠の手のものは?」
「官兵衛に1人、三成に5人当てています」
「少なすぎるな?」
 高虎の禄では秀長の時のようにはいかない。






テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.05.21 | | Comments(0) | ファンタジー

«  | HOME |  »

プロフィール

hamham868611

Author:hamham868611
『けもの』を書き始めて長い中断が訪れました。半年ほど書けなくなって遂には『夢の橋』を書き始めてそれを書き上げてやっとここに戻ってきました。

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR