陰謀10

 出城に付くと屋敷の手前で蝙蝠を逃げ道確保に残す。狗は戦うより逃げるに重きを置いている。徳川に寝返ってまだ半月も経たない。床下に潜る。話では柳生の師範代が城主の弟をそそのかして徳川の兵を入れたと言う。まだ武装した兵が庭や廊下にいる。どうも地下牢に城主が入れられているようだ。
 地下牢に近づくのは夜がいいだろう。それで2階の天井裏に潜る。狗は一室で止まった。ここに柳生宗矩がいる。前にいるのは弟の新城主だ。
「城兵が落ち着いていないようだな?」
「残念ながら兄が城主を継いですでに10年が過ぎていますからな」
「早々に筒井の本城を攻める段取りを」
「なぜそんなに急ぐ?」
「近々また弾正が謀反を起こす。筒井は兵を大和に送る。この時に筒井を攻める」
「でもこちらの兵では?」
「その時までに徳川から2千を送る。順慶のいない筒井は」
 やはりそういうことを考えていたのだ。今順慶を失ったら狗達も困ったことになる。夜になると地下牢に潜った。牢番に眠り薬をかかせる。それに前の城主に従う侍が多いようだ。密かに食事が運ばれてきている。狗は陰から城主に声をかける。
「筒井順慶の手のものです」
 俯いていた城主が顔を上げる。筒井の城で見た顔だ。
「柳生にたぶらかさられたわ。弟ではこの城は守れぬ」
「どうされたいのですか?」
「ここから出してくれぬか?」
「筒井でよろしいか?」
「筒井までは誰も知らぬ抜け道がある」
 狗は鍵を開けると地下牢から城主を出す。足腰はしっかりしているようだ。牢番の装束を脱がして牢に入れる。それから庭に出て蝙蝠に合図を送る。蝙蝠が逃げ道に招く。その道を1刻走ると城主が狭い沢に降りる。














スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.10.08 | | Comments(0) | ファンタジー

陰謀9

 蝙蝠を連れて急いで洞窟の屋敷に引き返した。嫌な予感がしていた。宗矩が光秀の関係を隠すために服部と場所を知っている揚羽が組んだようだ。となると皆殺しもあり得る。
 抜け道を抜けると年寄りがすでに切られて息が切れている。狗を襲った時に一部が屋敷を襲撃したのだ。蝙蝠を右に狗は左のゆっくりと進む。屋敷は火をかけられたようで半分が焼け落ちている。明らかに柳生は光秀と組んだのだ。相手が服部となると狗達が生き残るのは難しい。
 気配はない。屋敷の中には下忍が3人、くノ一が2人倒れている。皆殺しにあっている。笛の音がする。
「鼠か?」
「こちらに」
 洞窟にはお婆の墓を縄梯子で降りる。揚羽は洞窟には来たことがない。狗に続いて蝙蝠が崖を降りる。洞窟には年寄りとくノ一と子供たちがいる。
「ちょうど襲われているときで子供たちを逃がすのが精一杯でした」
「ここは?」
「服部にも見つからなかったようです」
「だがしばらくはもう一つ奥の洞窟に移れ」
 ここはお婆の時も抜け忍狩りがあれば一時避難していたことがある。ここは古い修験者の洞窟だ。狗が先頭で洞窟のものを引き連れてさらに深い山に入っていく。だが幸いに下忍やくノ一が出払っているときで被害は少なかった。これからどうするか?
「鼠、みんなにしばらくここに戻るなと繋ぎを入れてくれ。それと蝙蝠は私と来るのだ」
 隠れ家の洞窟を出ると森の獣道を抜け筒井の領内に入る。これからは順慶と秀吉のラインで生きていくしかない。城に入ると家老に話を入れた。蝙蝠を今後の繋ぎとして紹介する。すると一人だけ順慶の部屋に通された。
「光秀と柳生が手を結びました」
 狗は今までの話をした。
「実は徳川に出城を奪われたのだ。どうも完全に手引きされたのだ。調べてくれ」
 順慶も追いつめられている。ここは徳川との緩衝地域で何度か争いが起きているところだ。京之助の弟子が師範代を勤めていると言う。








テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.10.07 | | Comments(0) | ファンタジー

陰謀8

 洞窟の屋敷を出て街道に出る森で狗は足を止めた。確かにつけられている。狗は飛び上がると枝に乗った。忍びが10人後から走ってくる。これは服部だ。先頭の下忍が足を止めて地面に耳を付ける。次の瞬間全員が伏せる。するとその下忍が見えているように手裏剣を投げる。
 狗はもう次の木に移っている。そこに目がけて鋭い短刀が突き刺さる。正面の木にいるのは揚羽だ。どうしてここに揚羽がいる。
「もう逃げれないよ」
「服部と組んだ?」
 宗矩と光秀の密約が早くも弾正に伝わったのだ。と言うことは狗達は八方塞がりと言うことになる。京之助を使わずに服部を使ったのだ。それでまず狗を消そうとしている。木を伝うが揚羽はきっちり追いかけてくる。服部も手裏剣を投げてくる。このままでは崖まで追い詰められる。
 思い切って地面に降りて服部の2人を切る。それからがむしゃらに走り出す。狗の足に敵う者はいないはずだ。だが森の中の道の前に服部が網を仕掛けているのが見える。これは罠を仕掛けられたのだ。煙玉を投げて崖に転がる。揚羽の一撃が髪をかすった。
「もう逃げれないよ」
 それが最後の声だった。
 狗が目を覚ましたのは2日が経っていた。覚えているのは揚羽の次の一撃を受ける前に自分から崖に転がったのだ。そのまま川の流れに乗った。それから狗の記憶がない。
 狗が次に目を開けたとき目の前にはたき火が燃えていた。洞窟の中のようである。
「目が覚めましたか?」
 前にいるのは蝙蝠だ。
「襲われているところを見つけたのですが、そのまま川に飛びこんでしまったのです。それで川に下りて一緒に流れました。服部が山の上から追っていました。1刻流されてようやく引き上げて川から離れたここに」





テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

2017.10.06 | | Comments(0) | ファンタジー

«  | HOME |  »

プロフィール

hamham868611

Author:hamham868611
『けもの』を書き始めて長い中断が訪れました。半年ほど書けなくなって遂には『夢の橋』を書き始めてそれを書き上げてやっとここに戻ってきました。

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR